企業情報
ご挨拶
会社概要
役員一覧
組織図
事業所一覧
グループ会社一覧
アクセスマップ
事業内容
 
ご挨拶
社長
経営効率追求と地域インフラ死守の両立にチャレンジする
  食品卸業界をとりまく環境の変化は激しく、少子高齢化という社会環境の変化に加え、スーパーマーケットの再編・大規模化やコンビニエンスストアやドラッグストア、ディスカウントストア、通信販売といった業種が食品小売の中で比重を高めています。
  このような経営環境の激変のなか、今回の3社経営統合は「存続」と「存在意義の確立」という2つの明確な目的を達成するために実施しました。

  大手食品卸企業各社は、大手小売チェーンとの商取引関係を太くしていくことで経営合理化、効率化を進めており、弊社も従来のエリア事業所単位ではなく、全国をカバーする物流、商流の体制構築が不可欠となっています。
  一方で、1店舗あたりの販売数量に乏しい地方小売業は経営合理化、効率化の波にさらわれ益々疲弊しています。統合前の3社はそれぞれの地域において成長してきた卸売業であり、育ててくれた地域の小売業並びに生活者の皆様と共に生きる方法も考えなければなりません。
  あえて全国と地方の両立という二律背反の利益を一つの組織でソリューションを図っていくという困難にチャレンジするところに弊社の存在意義があります。

  地域性があり品質に優れた商品を提供していくことで、生産者の活性化を促し、生活者の食卓を豊かなものにしていきます。これは弊社が経営統合に際して策定したミッション・ステートメントを体現化していく取組みそのものであり、今後の展開に期待してください。
  トモシアホールディングスは、 風土に育まれた「食の智慧(ちえ)を持つ商人(あきんど)」によって、 地域から選りすぐられた食品を、 全国津々浦々を繋ぐ「食のライフライン」を通じて、 お得意先様と共に生活者の食卓にお届けし、 幸せな暮らしの礎となる、食文化を提供します。
代表取締役社長 竹内 成雄